スマホの料金に不満を感じていませんか?

スマホのサービスや機能は充実している一方、
料金が高いと感じる方も多いと思います。

しかし、スマホ代は工夫次第で安くできる
ことをご存知でしょうか?
条件次第では今の料金の半分以下で使うことも
夢ではありません。

このサイトでは、スマホの料金を安くできる工夫
ご紹介しています。
スマホ代が高いと思っている方は
ぜひ実践してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

各社の特徴

OCN モバイルONE

OCN モバイルONEはNTTコミュニケーションズのOCNが提供する通信サービスです。
知名度が高く、契約数も非常に多いので、MVNOの中でも特に信頼できるといっていいでしょう。

シェアNO.1の実績

「シェアNO.1の実績!」これがOCN モバイルONEの最大の特徴です。
様々な業者が格安SIMを提供していますが、契約数はOCN モバイルONEが一番。
知名度抜群のNTTコミュニケーションズのサービスだけあって、安心して利用できます。

バリエーション豊富なプラン

プランのバリエーションが豊富というのもOCN モバイルONEの魅力です。
月単位のコース(3GB/月、5GB/月、10GB/月、500kbps)だけではなく、
日単位のコース(110MB/日、170MB/日)もあります。
自分にとって本当に最適なコースを選べるので、スマホをたくさん使う人はもちろん、
あまり使わない人も損することなく利用できます。
日単位のコースであれば、利用制限がかかっても翌日には解除されるので安心です。
たくさんデータ通信を行う人は、月単位よりも日単位のコースがいいでしょう。

050 plusで通話料金が安くなる

OCN モバイルONEが提供するIP電話アプリ「050 plus」を利用すると通話料金が安くなります。
固定電話へは8円/3分、携帯電話へは16円/1分でかけられます。
さらに相手も050 plusを利用している場合は、通話料金が無料です。
毎月の通話代を節約したい人にとって非常に嬉しいサービスではないでしょうか。

安定した速度供給

格安SIMのデータ通信速度は各業者によって異なります。
データ通信速度が遅いと動画を快適に見ることができませんし、
音楽やアプリをダウンロードするのに時間がかかってしまいます。
OCN モバイルONEはデータ通信速度が速く安定していると評判です。
しかも、OCN モバイルONEアプリを使うことで、高速通信を利用するかどうか選択できます。
普段はオフにして、ダウンロードする時だけオンにすれば、データ通信量の節約に繋がります。

余ったデータ容量は翌月繰り越しが可能

OCN モバイルONEだと余ったデータ容量は翌月繰り越しできます。
無駄なく利用できるので、「もっと使っておけば良かった」と後悔しないで済みます。
ただし、データ容量を繰り越しできるのは500kbps以外のコースなので注意してください。

mineo(マイネオ)

mineoは株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIMです。
サービスやサポートが充実していることもあり、初めて格安スマホを利用する人に
選ばれています。

マルチキャリア対応のMVNO

mineoはdocomoとauの両方の回線に対応した唯一のマルチキャリアMVNOです。
自由にどちらかを選べるので、docomo端末の人でもau端末の人でもそのまま使えます。
現時点でmineoが使える端末は、docomo端末で約300種、au端末で約100種です。
mineoの使用を検討している場合、公式ホームページで動作確認端末をチェックしてください。
プランはdocomoプランとauプランの2種類があり、それぞれ内容が違います。

余ったデータ量は翌月繰り越し可能

データ量が余っても翌月に繰り越しできるのでお得です。
翌月に繰り越しできるのは、毎月使用量が異なる人にとって嬉しいサービスだと思います。
しかも、繰り越した分は「パケットシェア」で家族と共有できます。
パケットシェアは、契約者と住所が一致していないと適用されません。

高速通信の容量を節約できる「mineoスイッチ」

mineoスイッチという専用アプリを利用すると高速データ通信のオン・オフの切り替えができます。
状況によって使い分けることで、無駄のないデータ通信が行えます。
オンにすると最大通信速度が200kbpsに制限されます。

mineo同士ならデータ容量をプレゼントできる

友人に余ったデータ容量をプレゼントしたい、または友人から余った分をプレゼントして欲しい、
そんな願いを叶えてくれるのがmineoのパケットギフトというサービスです。
mineo同士なら誰とでもデータ容量を分け合うことができます。
とても面白いサービスなので、積極的に利用しましょう。

IP電話で通話料金を節約

mineoならIP電話サービス「LaLa Call」を無料で利用できます。
LaLa Callを使用すると通話料金を節約できるので、電話をよくかける人にとって大きなメリットになるでしょう。

充実したオプションサービス

オプションサービスがとても充実しているのもmineoの特徴です。
メールウイルスチェックサービスやウイルスバスターモバイル、端末安心サポート、
割込通話サービス、迷惑電話撃退サービス、番号通知リクエストサービス、ボイスメール、
mineo安心パックなど色々あります。
また、SMSサービスは無料で利用できます。

DMM mobile

DMM mobileは格安SIMの中でも低料金で利用できる老舗MVNOです。
docomoの回線を利用していますが、直接docomoから購入しているわけではなく、
IIJより購入しています。 そのため、MVNEはIIJになります。

プランが豊富で全て業界最安値

データ専用SIMプランと音声通話SIMプランの2種類があり、それぞれライトコース、1GBコース、
2GBコース、3GBコース、5GBコース、7GBコース、8GBコース、10GBコース、15GBコース、
20GBコースから選ぶことができます。
プランがとても豊富なので、ライトユーザーからもヘビーユーザーからも支持されています。
しかも、全てのプランが業界最安値です。
データ専用SIMプランだと月額440円から利用できます。
月額料金の安さで選ぶならDMM mobileがいいでしょう。

低速通信時でもサクサク利用できるバースト機能

バースト機能もDMM mobileの特徴の1つです。
この機能のおかげで、最初の数秒間は300Mbpsを出すことができ、
低速通信時でも快適にデータ通信を行えます。
容量を超えてしまい利用制限がかかってしまっても検索程度なら体感速度はほとんど変わりません。

シェアコースで高速データ通信料を分け合える

8GB以上のプランであれば、最大3枚のSIMで高速データ通信料を共有できる
シェアコースが利用可能です。
高速データ通信料は家族以外ともシェアできます。
容量を超えてしまった場合は、追加チャージできるのもDMM mobileの特徴です。

DMMトークで通話料金が半額

通話アプリ「DMMトーク」を利用すると通話料金が半額になります。
電話番号はそのまま使うことができますし、品質も変わらないので、
DMM mobileを使用する場合は必ず利用しましょう。

オプションサービスが充実

端末交換オプションやセキュリティオプションなど
初めて格安SIMを利用する人にとって嬉しいオプションサービスが充実しています。
こうしたオプションに入っていれば、うっかりスマホを壊した場合や
ウィルスが侵入しようした場合でも安心です。

DMMポイントがもらえる

通販や動画配信サービスを行っているDMMが提供していることもあり、
利用しているとどんどんDMMポイントが貯まっていきます。
貯まったポイントはDMMが提供するサービスに使用できます。

選べる端末が多い

他社だと選べるスマホ端末が少ないですが、DMM mobileは機種が豊富で、最新のものを利用できます。

NifMo

老舗プロバイダのニフティ株式会社が提供しているサービスです。
通信速度とコストパフォーマンスに定評があり、サービスも充実しています。

通信速度が安定している

NifMoの最大の特徴はなんといっても通信速度です。
速度が速く安定しているので、ストレスを感じることなくデータ通信を行えます。
動画をよく視聴される人や音楽などを頻繁にダウンロードする人におすすめの業者です。

料金プランがシンプルで選びやすい

NifMoの料金プランは他社と比較すると非常にシンプルになっています。
データ専用SIMプラン・SMS対応SIMプラン・音声通話SIMプランの3種類から、
容量(1.1GBタイプ・3GBタイプ・5GBタイプ・10GBタイプ)を選ぶだけです。
料金プランが多い方が嬉しい人がいる一方で、
そんなにたくさんあると迷ってしまうという人も少なくありません。
シンプルな料金プランを希望している人はNifMoがいいでしょう。
1.1GBタイプは非常に安くて魅力的ですが、5GBと10GBタイプは
やや他の業者と比べると割高になります。

NifMo バリュープログラムでさらにお得

NifMo バリュープログラムを上手く使うことで、さらに月額料金が安くなります。
これは指定されたサイトに登録したり、アプリをダウンロードして、
割引還元を得られるサービスのことです。
毎月500円割引できれば、年間で6000円の節約になるので非常に大きいですよね。
NifMoを使うならバリュープログラムを積極的に活用しましょう。

Wi-Fiスポットが無料

公衆Wi-FiサービスのBBモバイルポイントを無料で利用できます。
アクセスポイントが少ないという問題はありますが、Wi-Fiに接続することで
通信量を節約できるので、アクセスポイントを見つけた時は使ってください。
専用アプリの「My NifMo」をダウンロードするとアクセスポイントに行くと
自動でWi-Fiに切り替わります。

NifMoでんわで通話料金を節約

IP電話サービスのNifMoでんわを利用すると通話料金を節約できます。
月額1300円で国内かけ放題です。
月額2700円の国内+海外かけ放題プランもあります。

@nifty接続サービスを使っていると月額料金が200円割引

既に@niftyの接続サービス(光・ADSL)を利用している人だと
セット割りが適用され月額料金が200円割引されます。
また、SIMと端末が一緒になったNifMoスマホセットを契約した場合も
24ヶ月間月額料金が200円安くなります。

DTI SIM

有名プロバイダ「DTI」が提供するMVNOサービスです。
他社と比較すると目立った機能はありませんが、
料金プランがシンプルでとにかく安いのが特徴だと思ってください。

業界最安値の料金プラン

料金プランは1GB、5GB、10GBの3つしかありませんが、どれも安く業界最安値といっていいでしょう。
5GBと10GBの音声プランは安くて有名なDMM mobileよりも安いです。
とにかくスマホを安く使いたい人にとって最適なMVNOサービスだといえます。
しかし、料金があまりにも安いと通信速度が心配になる人も多いと思います。
たしかにそうした業者もありますが、DTI SIMの場合は料金が安くても
通信速度は安定しているので安心してください。

シンプルだから分かりやすい

DTI SIMに無駄なサービスはありません。
利用できるオプションサービスは留守番電話やキャッチホン、転送電話。
他社とは違い非常にシンプルなので、サービス内容や月額料金が分かりやすいです。
オプションサービスなんて必要ない!安さ以外は求めていない!という人に向いています。

容量チャージが安い

容量チャージ機能があるので、データ容量が足りなくなった場合に便利です。
500MBで380円、1GBで600円とチャージ料金も安いです。
ちなみにOCNモバイルONEの場合は500MB/540円・1GB/1080円、
DMMモバイルの場合は100MB/200円・1GB/480円となっています。

ポイントサイト「スマイルモール」のポイントがもらえる

DTI SIMを購入するとスマイルモールというポイントサイトのポイントを500円分もらえます。
スマイルモールはDTI SIMを運営しているフリービットグループのポイントサイトです。
このポイントは現金やギフト券に交換できます。

通信制限がかかりそうになると知らせてくれる

スマホを利用していると急に速度制限がかかり、困ってしまうことがありますよね?
DTI SIMの場合、何もしなくても通信制限がかかりそうになるとアラートメールで知らせてくれます。
そのため、急に速度制限がかかってしまい慌てる心配がありません。

端末を別途用意しないといけない

DTI SIMではスマホを購入できないので、自分で端末を用意する必要があります。
docomo系のMVNOなのでauの端末は利用できません。
auから乗り換える人は、事前にdocomo端末を購入しておきましょう。

格安SIMのメリット

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

スマホの料金を高いと感じている方におすすめの方法があります

ガラケーからスマホに変えると料金は倍近くに・・・

ここ数年で携帯電話事情は大きく変わりました。
最近ではスマホユーザーが大半で、ガラケーユーザーは非常に珍しいです。
ガラケーでは受けられない様々なサービスを利用できるため、
恐らくみなさんも既にスマホを使用しているでしょう。

しかし、スマホのサービスや機能に満足している一方で、
料金の高さに不満を感じている人もいるはずです。
今までは5,000円以内で使えていた携帯電話が、スマホに変えると
倍くらいの料金になってしまうので、そう感じるのは無理もありません。
月々の料金が5000円高くなると年間で60,000円も多く支払うことになります。
いくら便利になったといっても60,000円のアップは厳しいですよね・・・。
実際にスマホに変えてから家計が厳しくなったという人も多いと思います。

工夫次第でガラケー並みの料金で使うことが可能に!

そんなスマホの料金に不満を感じている人に朗報です。
毎月のスマホ代は工夫次第で安くできます!
知らない人も多いですが、ガラケーと同じくらい、
またはそれ以上より安く使用することができるのです。
上手くいけば3,000円や2,000円以下で使うことだって
不可能ではありません。

このサイトでは、スマホの料金をどうしたら
安くできるのかについてお話しています。
「高いからガラケーに戻そうかな?」と考えている人は、
まずここで紹介している方法を実践してみてください。

通話料金はいくらでも安くできます!

まずは、通話料金の確認を

スマホ料金を節約したい場合、まず注目しないといけないのが通話料金です。
通話料金がかさんでいて毎月の料金が高くなっているパターンが多いので、
真っ先に確認してください。
少し工夫すれば通話料金はいくらでも安くできます。

まず、毎月たくさん通話している人は、
キャリアの通話し放題プランを利用しましょう。
通話し放題プランとは、一定額でいくらでも話し放題というものです。
どんなに電話をしても料金がそれ以上かかる心配がないので、
通話料金が高いと感じている人に最適なプランだと思います。
プラン変更はネットでもできますが、
一人では不安な場合は電話や店舗で行ってください。
電話をよくかける人だと通話プランを変更するだけで
大幅にスマホ代を節約できます。

アプリを使えば通話料金はさらに安く!

既に利用している人も多いかもしれませんが、
通話アプリを使うという選択肢もあります。
通話アプリを利用することで、格安または無料で電話ができます。
スマホを使っているなら通話アプリを利用しない手はありません。
たとえば、LINEやカカオトーク、Skypeといったアプリを
お互いインストールしていれば、無料で通話できてしまいます。
通話だけではなく、チャット機能も利用できるので大変便利です。

データ通信量の見直しは必須です!

通信量の見直しでプランが適切か判断を

スマホを使っているけどネットはあまり利用していない
という人もいるでしょう。
この場合、チェックしないといけないのがデータ通信量です。
自分が毎月どのくらいのデータ通信を行っているのか確認して、
今の料金プランが適切なのか判断してください。

料金プランが高ければ高いほど利用可能データ量が大きくなります。
利用可能データ量を超えてしまうと速度制限がかかり、
通信速度が遅くなってしまいますが、
ネットを使わない人だとデータ通信料が余ることが多いです。

Wi-Fiを使える環境の人はぜひ活用しましょう

毎月通信制限がかからない人は、そのままだともったいないので、
安い料金プランに変更しましょう。
自分がどれくらいデータ通信を行っているのかは
契約内容を確認する時に分かります。
最適なプランがよく分からない人は店舗に行って
スタッフに相談してください。

また、自宅のWi-Fiを活用するというのも1つの方法です。
ネットをWi-Fiで行えば、スマホのデータ通信を使わずに済むので、
一番安い料金プランにしても何も問題ありません。
Wi-Fiを利用できる環境の人は、
この方法を使わないのは非常にもったいないです。
これだけで数千円節約できるかもしれません。
さらにWi-Fiを使うことで、
今よりもアプリや動画・音楽のダウンロードが
快適になるというメリットもあります。

無駄なオプションは解約しましょう!

店員さんにお任せで契約した人は特に注意です

スマホを契約する際、よく分からず
店員さんに全てお任せしたという人はいませんか?
こうした人はすぐにでも契約内容を確認してください。
なぜなら不必要なオプションがついているせいで、
料金が高くなっているケースが多いからです。
無駄なオプションを解約すると
2,000円から3,000円程度安くなる可能性があります。

スマホを契約した時のことを思い出してください。
なにかしらの特典を受けるために色々なオプションに加入しませんでしたか?
オプションをつけると割引キャンペーンなどを適用できるので、
基本的に店員さんは勧めてきます。
1つのオプションは数百円程度なので、どうってことはありませんが、
これが何個も合わさると数千円となり、
毎月のスマホ代が一気に上がってしまいます。

オプションの解約手続きは早めに行いましょう

一度見直しをして、必要なものは残して、
不要なものは全て解約しましょう。
面倒に感じるかもしれませんが、
放置している限り、オプション代はずっと発生しつづけるので、
早めに手続きを行ってください。
解約手続きはWEB上からでもできますし、電話や店舗でも可能です。
月をまたいでしまうと1ヶ月分余計にお金がかかってしまうので、
オプションの解約手続きは月末までに行いましょう。

格安SIMでスマホ料金が2000円以下に!?

SIMってそもそも何なのでしょう?

インターネットで「スマホ 料金 節約」と検索すると
必ず現れるのが「格安SIM」というキーワードです。
格安SIMと聞いてもピンと来ない人が多いかもしれませんが、
これを利用することにより、スマホ代を驚くほど安くできます。

そもそもSIMとはSubscriber Identity Module
(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略称です。
日本語で加入者識別規格といいますが、SIMをスマホやガラケーなどに
差し込むことで、通話やデータ通信が利用できます。
つまり、SIMがないと電話をかけることはおろか、
ネットも利用できないのです。

大手携帯電話会社から回線を借りているのが格安SIM

そして、格安SIMとはauやドコモといった
大手携帯電話会社から回線を借りてサービスを提供している
MVNOという会社が販売しているSIMのことです。
基本的にMVNOが販売しているSIMは大手携帯電話会社のものよりも
安く利用できることから格安SIMといわれています。
ちなみに格安スマホとは、MVNOが販売しているSIMと
端末がセットになったもののことです。

キャリアと呼ばれる大手携帯電話会社のSIMを利用した場合、
基本料金が6,000円以上になります。
一方、MVNOが提供している格安SIMだと2,000円または
それ以下で利用することができます。

格安SIMは簡単に使えます!

まずは比較検討で自分に合った会社をさがしましょう

「格安SIMを使ってみたいけどなんだか乗り換えが面倒・・・」
という人もいるでしょう。
たしかに自分で手続きをしないといけないので、多少手間と時間はかかります。
しかし、みなさんが思っているよりも簡単に使えるので安心してください。

まず、今使用しているスマホで格安SIMが利用できるのか
キャリアに問い合わせて確認しましょう。
仮に利用可能であれば、わざわざ端末を買い替える必要はありませんが、
使えない場合は対応した端末を用意しないといけません。
別々に用意するのもいいですが、面倒な場合は端末と格安SIMを
セット販売している業者を選んでください。

格安SIM会社は、「OCN モバイルone」や「mineo」、「DMM mobile」
など色々あり、それぞれ特徴が異なります。
各会社のメリット・デメリットを理解した上で
自分に合ったところを選びましょう。

契約方法はオンラインまたは店舗まで来店

契約方法はオンラインと実店舗の2通りあります。
ネットで格安SIMを探して契約するのが一般的ですが、
相談しながら決めたい、一人だと不安といった人は実店舗で行ってください。
ただし、実店舗で契約できる格安SIMは限られているので注意しましょう。

こうして格安SIMと端末を揃えたら、後は設定を行うだけです。
設定も特に難しくないですし、分からない場合は業者に問い合わせればOK!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ページの先頭へ戻る